Home
入会 ・ 会報

樹木調査隊

樹木Q&A・健康チェック

書籍紹介
私たちのこと

No.34

にげろー
 
公園を散策していたら、竹林にさしかかりました。斜面にモウソウチクがずいぶん繁茂しています。良く見たら隙間からシラカシが「た、助けて・・」と、か細い声で助けを求めるように生えていました。まるで雑踏の中でもみくちゃにされて、よろよろと手を伸ばしているようです。シラカシは日陰には強い方ですが、竹の勢力に圧倒されて必死です。への字に曲がっているのは、以前上枝があったのが枯れてしまったのです。残った横枝が幹になり道側になんとか葉を出しています。モウソウチクはかなり過密になっているので、シラカシは葉を伸ばすスペースがありません。なんとか逃げ延びてくれー(苗) 
樹木調査隊のトップページへもどる
ホームへもどる

掲載情報の著作権は特定非営利法人樹木生態研究会に帰属しますので、無断転用を禁止します