Home
入会 ・ 会報

樹木調査隊

樹木Q&A・健康チェック

書籍紹介
私たちのこと

No.29

支柱の傷その後(プラタナス)
 成長の早いプラタナス。2004年にはかなり深い支柱傷を受けていた。街路樹の宿命のような強剪定にも絶え、2010年はかなり傷がふさがってきている。剪定されていなかったらもっと早く補強できたのではないだろうか。こういう木はいつも伐採されてたらどうしようと心配しているが、会えるとほっとする。(苗)
2004年4月 2006年10月
2007年2月 2010年1月

樹木調査隊のトップページへもどる
ホームへもどる

掲載情報の著作権は特定非営利法人樹木生態研究会に帰属しますので、無断転用を禁止します