Home
入会 ・ 会報

樹木調査隊

樹木Q&A・健康チェック

書籍紹介
私たちのこと

No.24

フレキシブルな対応
 
 ソメイヨシノの幹の穴から枝が出ているので覗いてみると、中に不定根が伸びていて、その不定根から枝が伸びていました。この桜は過去に車か何かにぶつけられ、傷つき腐朽菌が入り、空洞になったと思われます。また、隣の桜から被圧され、満足に枝葉を広げることはできませんでした。ここで普通なら「かわいそうに」で終わるところですが、この木はそれだけでは終わらなかったのです。ここからが始まり、いや、ここからだって、どこからだって、目一杯生きているのです。穴から入る光を利用して、不定根から、勢いのよい枝を出しました。その枝で葉を広げ光合成をして作ったエネルギーを不定根に送っています。樹木は動けない分だけ、とてもフレキシブルな対応ができるのだなと感心しました。(苗)
樹木調査隊のトップページへもどる
ホームへもどる

掲載情報の著作権は特定非営利法人樹木生態研究会に帰属しますので、無断転用を禁止します