Home
入会 ・ 会報

樹木調査隊

樹木Q&A・健康チェック

書籍紹介
私たちのこと

No.23

中身はないけど
 
 ムクノキの幹が空洞になって、向こうが見えています。中が腐朽して無くなってしまい、まるでトンネルのようです。今は窓枠材(右上写真)で立っている状態です。しかしこのように大きな空洞ができても、この木は葉をつけてがんばっています。折れてしまいそうですが、この木はまだあきらめてはいません。
 木は、毎年年輪を外側につけて成長します。古い材は無くなってしまっても、外側があれば生きていけるのです。外側の壁が厚くなれば立派な大木になる可能性だって、まだいくらかはあるのです。
 人間は中身が大事ですが、木は中身より外側が大事なのですね。土壌環境をもっとよくして、根を伸ばし、幹の成長を助けることができるのではないかと思いました。(苗)
樹木調査隊のトップページへもどる
ホームへもどる

掲載情報の著作権は特定非営利法人樹木生態研究会に帰属しますので、無断転用を禁止します